看護師のキャリアアップ

看護師としてキャリアアップを目指すには、役職につくことだけが目標ではありません。認定看護師や専門看護師など、ワンランク専門性の高い資格を取得することができます。

認定看護師とは、日本看護協会によって認定された分野毎に、熟練された技術と知識を持ち合わせていると認定された看護師が認定看護師となります。役割としては、認定された特定の分野において、以下の3つの事を行います。
個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。
看護実践を通して看護職に対し指導を行う。
看護職に対しコンサルテーションを行う。

専門看護師は、もう一歩現場から離れた立場で、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、以下の6つの事を行います。
個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。
看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。
必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。
個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。
看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。
専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。

どちらの資格も、日本国の看護師免許を有することが条件となっています。
認定看護師は、特定分野での看護実績が通算5年以上あることと、6ヶ月の認定看護師養成課程を修了し、試験に合格すると認定されます。
専門看護師も同様に、専門分野での看護実績が通算5年以上あること、もしくは、看護系大学院マスター修了で、規定された単位を取得していることで、試験に合格すると認定されます。

どちらも、看護師を指導する立場になり、また、専門看護師では、研究など幅広く活躍する場が用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です