看護師を養成するためには

まず、看護師になるために大切なこと。
それは「看護師になりたい」という気持ちです。
看護師は通常の仕事と違い、資格がなくても働くことができる仕事ではありません。
長い間、医学や看護学、介護保健分野の知識などを学んで、試験に合格して初めて仕事につくことができるのです。
ですから、看護師になるためには、まずそういった看護師の試験を受けるために必要な知識や技術を学ぶ学校で勉強する必要があります。
早く現場で働きたいという人には、中学卒業後、高校の看護科や看護高等学校などで3年間学んだ後、都道府県で行われる試験を受けて合格するとなることができる准看護師という資格があります。
仕事内容は正看護師とほとんど変わりはありませんが、正看護師が自分の判断で処置などを行えるのに対し、准看護師は医師や正看護師の指示がなければ仕事ができません。
そういった意味では更なるキャリアアップもかねて、国家試験を受けて正看護師になる人も多いようです。
正看護師になるためには、准看護師として3年以上の実務を経験した後、2年間の看護の専門の勉強を受ける方法と、高校を卒業した後、看護師養成課程のある専門学校や短大、大学などで学んで国家試験を受ける方法があります。
准看護師に比べると現場への道は遅くはなりますが、その分知識や教養は兼ね備えているので、自己の判断での処置などが認められています。
また、その後に専門看護師や認定看護師、看護師養成施設の講師などを目指す場合にも、正看護師としての実務が必要とされます。
しかし、どんな道を通過しても、看護師は患者さんにとって天使のような存在でなくてはいけません。
その為にはただ単に知識や教養を詰め込むだけではなく、いかに患者さんの心に寄り添えるかの努力も積んだほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です