大学での教育過程

看護師になる為には、文部科学省の指定する大学か厚生労働省の指定する看護養成校で学ばなければ、資格試験を主権することができません。
しかし、看護師の国家試験は毎年の合格率が高く、まじめに勉強していれば決して難しい資格ではありません。
ちなみに、医師の国家資格も合格率が高いが、医師を目指して医大に進むにはかなり難関な受験戦争により見事合格しなければならず、その時点である程度ふるいにかけられます。
また、看護師の資格を目指す方も大学に進んで学ぶ方が増えております。
どんなに優秀な人材を集めても、中には途中で挫折してしまう人がいるからで、人間どんなに優秀な大学を卒業しても、それが長い一生で考えた場合、途中で努力を怠れば知識や能力は必ず衰えます。
しかし、今の社会は大学でのキャリアがそのまま就職活動に大きく影響し、また一旦社会に出てしまうとそこからの努力が評価されることはまだ少ないです。
看護師においても、長く仕事を続けていくうちに医師や助産師の資格を目指そうとしても、再び学生として医大に入学しなければならず、一旦社会にでて再度医大に入学するよりは、最初からそこを目指したほうが近道にはなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です